出会系 不倫相手

出会系サイトは不倫相手や既婚者も簡単に探せる!?

不倫をしていても「不倫している」と人に言える人はいないですよね?ですが、不倫に興味がある人は多いです。

 

では不倫相手を探す方法や注意しなくてはいけない点を紹介していきます。

 

どれくらいの人が不倫をしている?

不倫をしている人の割合は、40代〜50代の女性を対象にすると経験者数は14%くらいです。またその経験者たちは、何人の人と不倫をしたのかというと、2人〜5人という人は60%くらいです。

 

不倫ではなく浮気となるともっと確率が高くなります。
10代〜20代の女性だと、浮気経験がある人60%くらいで、浮気願望がある人は70%くらいいるのです。

 

これを見てもわかるように、浮気をしたことがある人は多くいるけれど、不倫人数は少ないということがわかります。

 

さらに独身女性が、浮気をしたのが既婚者で、男性からすると不倫だったというケースもあります。
不倫をする人口は、10%以上の可能性が高いということがわかりました。

 

不倫相手を探す方法とメリット・デメリットとは?

不倫相手を見つける方法についてですが、大きくわけると2つです。

 

1つ目は、職場や友人など身近な人から探す方法です。
2つ目は、出会系やFacebookなどSNSで探す方法です。

 

〇身近の人から探すメリット

身近な人から不倫相手を探すので、相手が顔見知りなので深い仲になりやすい所です。

 

顔や性格がわかっているので、自分に合うのか合わないのか判断することが出来るうえ、相手が知り合いのため犯罪に巻き込まれる可能性が低いです。

 

また顔見知りだから、連絡を取り合っているのがバレたとしても、パートナーに怪しませる可能性が低いです。また周りにバレてはいけないというスリルを味わうことも出来るのです。

 

〇身近の人から探すデメリット

連絡を取り合っているのがバレたとしても誤魔化すことは出来ますが、不倫しているのがバレてしまうと、交友関係も壊れてしまう可能性があります。

 

もしも職場の相手が不倫相手の場合にバレてしまうと、仕事がとてもやりにくくなり、職場の人にバレてしまうと、軽蔑されたり、好奇心の目にさらされます。

 

身近な人と不倫をしてしまった時のデメリットは、バレた時などに大きなダメージがあるという所です。
不倫相手にしやすいですが、失うものはとても大きいという所がデッメリットです。

 

 

〇SNSで相手を探すメリット

SNSで不倫相手を見つけると、自分と縁のない人で出会えるので、ハラハラドキドキ感を味わうことが出来ます。

 

深い仲になるのには少し時間がかかってしまいますが、その家庭を楽しめます。

 

身近な人ではなく、多くの異性が全員対象になるので、自分のタイプの異性を見つけることが出来ます。

 

不倫がバレてしまった場合、SNSで知り合った仲なので、すぐに円を切ることも出来るのがメリットです。

 

〇SNS相手を探すデメリット

SNSで不倫相手を探すのはメリットが多いですが、もちろんデメリットもあります。

 

SNSで知り合った異性は、職場の人間や身近な人ではありませんが、自分の行動1つで不倫がバレてしまう可能性があります。

 

SNSを身内に盗み見されたり、今まで連絡先になかった人を怪しまれたり、自分の行動が災いして不倫がバレやすい所がデッメリットです。

 

またネットを使うと検索履歴からバレてしまう可能性もありますし、友達登録をしてしまって身内にバレる可能性もあります。

 

なので注意しなくてはバレてしまう可能性がいくつもあるということをしっかり理解しておいた方が良いでしょう

 

まとめ

身近な人から不倫相手になると、深い仲になりやすいですが、バレてしまった時に交友関係も壊れてしまう可能性が高いです。
またバレてしまってもすぐに縁を切ることは難しいと思います。

 

ですが、SNSで探し不倫相手にするのであれば、深入りしにくいですし、バレてしまった時でもすぐに縁を切ることが出来ます。

 

またバレそうになった時に隠しやすいのもSNSのほうなので、身近な人ではなく、SNSで相手を探すことをオススメします。

 

またSNSであれば不倫希望の人が多いので、見つけやすいと思います。

 

家庭崩壊を望んでいないのであれば、縁を切りやすい相手と不倫をした方が良いでしょう。
ですが、不倫は相手を傷つける行為なので、ほどほどにしておきましょう。